作業者

防音工事をしておけば快適にピアノを弾ける

傷や汚れがつきにくい床

犬

安全性に優れるのは

通常のフローリング材のままでは、傷が付きやすく、また汚れも染み込みやすい状態です。人間がいくら気を使っていても、それを避けることができませんし、なによりも犬猫などのペットを飼っている場合にはフローリングの劣化は早くなります。これはペットの爪がフローリングに接触するためです。このためそのままの状態では、せっかくのフローリングも傷だらけになります。またペットの粗相で汚れてしまうことになります。このような状態を少しでも改善する方法としてフロアコーティングがあります。フロアコーティングは、フローリングや床を塗装してしまうもので、表面に塗膜を作るというものです。メリットとしてはペットによる傷付きが軽減されますし、表面が保護されているので、粗相をしても汚れが落ちやすいといったもので、また汚れが落ちやすいので臭いも付きにくいといったものがあります。また通常のフローリングではペットが滑って転ぶというケースも多く見られますが、コーティング材を選ぶことで滑りにくい床にすることができます。ペットのためにフロアコーティングをする場合には、適度な滑りにくさのある樹脂にする必要があります。単純に滑らない床は返って、ペットの足腰に悪影響を与えるためです。またペットが床を舐めることがありますが、床を舐めることでアレルギーが出る可能性があります。このためペットのためにフローリングをコーティングしたいのであればペット専用フロアコーティングを選ぶことがポイントです。