作業者

防音工事をしておけば快適にピアノを弾ける

ワックスがけが不要です

空き部屋

高い耐久性も魅力です

最近は床を傷や水分などから守る為に、コーティングをする人がとても増えていて、もうすでに常識といった感じになってきています。コーティングを施工しないとワックスがけが頻繁に必要ですし、ワックスが切れてしまうと水分などによって、簡単に染みが出来てしまいます。その点でもコーティングをいちど施工してしまうと、強固な被膜によって水分はもちろん傷も付きにくいですし、数年から数十年の耐久性が有ります。床のコーティングにはいくつかの種類が有りますので、使用する環境や予算などに合わせて選ぶと良いでしょう。非常に耐久性の高いタイプや光沢の強いタイプ、つや消しタイプといったものから、薬品などに強いタイプなどもあります。住宅の部屋などに施工する場合は、インテリアに合わせて光沢タイプやつや消しタイプ、店舗やオフィスでは耐久性の高いタイプがおすすめです。床のコーティングの費用なのですが、基本的に耐久性が高くなればなるほど、高額になる傾向だと考えておけばよいでしょう。とは言っても、比較的に安価で耐久性が短いタイプでも8年から10年は持ちますので、住宅の部屋などに使うには十分な性能と言えます。この比較的な安価なコーティングを一軒の住宅の床を施工するとすれば、大体7万円から10万円くらいというのが大体の相場になっています。施工してしまえば簡単なメンテナンスで、長期間に渡って簡単に維持する事が出来ますので、コスト的には安いと言えるでしょう。