作業員

防音工事をしておけば快適にピアノを弾ける

人気のコーティング会社

エコプロコートは、フロアコーティング専門の施工会社として評判が高いです。その理由は、フローリングに対して最適なコーティング剤を調合する最新の技術や、施工技術の高いスタッフ、自社開発の国産塗料などを持ち合わせ、仕上がりだけでなく、耐久性、断熱性の高い施工ができるからだと考えられます。

傷や汚れがつきにくい床

ペットを屋内で飼っていると問題となるのが傷つきや汚れです。それらを少しでも軽減する方法がフローリングをコーティングしてしまう方法です。しかし、ペットのためにコーティングをするさいにはペットへの悪影響が少ないコーティング方法を選ぶ必要があります。

ワックスがけが不要です

最近は頻繁なワックスがけや水分による染みの心配がない、床のコーティングを施工する人がとても増えてきています。床のコーティングは種類も多く、使用する環境に合わせて選べますし、費用が比較的に安価なタイプでも8年から10年といった十分な耐久性が有ります。

良い業者を選ぼう

防音室

自宅で思いっきりピアノを弾きたい、ピアノ教室を開きたいと考えている、音楽活動をしている人は自宅の防音工事を考えている人も多いでしょう。この防音工事は難しい技術が求められ、業者選びによってこの防音工事の仕上がりは違ってくると考えておきましょう。そのため、納得できる防音工事をしてもらうためには、業者選びがとても重要です。とはいっても、この業者選びは簡単ではありません。ネットなどのサイトを見ても過大広告をしている業者は多くあり、どこの業者を選べばいいのかと悩んでしまいます。この防音工事を依頼するときには、100%の防音は不可能と考えておくことがまず必要になります。どこの業者に依頼しても100%は無理ということです。このことをふまえて上での業者選びが必要です。業者選びでは、ネットで検索をしたり、知り合いから紹介してもらう、ハウスメーカーなどから紹介してもらう方法があります。業者に依頼をするときには見積りを出してもらうのですが、この見積りの段階で極端な値引きをするような業者は避けましょう。ピアノなどの防音工事なら55dB以上滅衰の施工が必要になり、6畳程度の広さなら200万円程度の費用は必要になります。この費用よりも極端に安いようなら、手抜き工事の心配もあり、避ける必要があります。また、友人などの紹介では不都合があっても指摘しにくいというデメリットがありますし、ハウスメーカーは確かな業者を紹介してくれますが、紹介料などによって費用が高くなるケースもあるようです。それぞれでデメリットもあることから、自分が納得できる方法で業者選びをして、ピアノが思いっきり弾けるような環境を手にしましょう。